日本不育症学会認定医制度規則

第1章 総則

第1条

日本不育症学会認定医制度(以下、本制度という)は、横断的な不育症の基礎知識を有し、不育症の検査、診断、治療など、不育症に関わる診療の知識と実践を支える基本的技術を習熟した医師を養成することで、広く国民の福祉に貢献することを目的とする。

第2条

日本不育症学会(以下、学会という)は、前条の目的を達成するため、この規則より不育症認定医(以下、認定医という)を設定する。

第3条

本学会は、第1条に定める目的を達成するため、認定医の資格認定に関して以下の要件をさだめるものとする。

  1. 産婦人科専門医を取得していること。
  2. 不育症治療における標準的な医療内容に関して標準的医療内容を理解してそれに基づいた診療ができること。
  3. 不育症の診療に関する十分な経験を有すること。

第2章 本制度を運用する機関

第4条

本制度の運用に当たっては、日本不育症学会認定医制度委員会(以下、認定医委員会という)が業務を担当する。

第5条

認定医委員会は本制度の運用全般についての管理を行い、本制度の運用にあたって生じた疑義を処理すると共に、認定医の認定審査と更新審査を行う。

第3章 認定医申請資格

第6条

認定医資格の認定を申請する者は、日本不育症学会認定医制度細則(以下、細則という)に定める資格、要件を全てそなえなければならない。

第4章 認定医の認定

第7条

認定医資格の認定を申請するものは細則に定める申請書類と認定審査料とを認定委員会に提出しなければならない。

第8条

認定医委員会は、毎年1回、認定医資格認定申請書に対して認定審査を行う。

第9条

認定医委員会は、審査の結果を理事長に報告する。

第10条

理事長は、認定医委員会の報告に基づき、理事会の議決を経て、認定申請者を認定医として登録し、日本不育症学会認定医認定証(以下、認定証という)を交付する。

第11条

新規登録により認定証の交付を受ける者は、細則に定める認定登録料を納付しなければならない。

第12条

認定医の有効期間は、交付の日より5年とする。

第5章 認定医の更新

第13条

認定医は、認定医認定の取得後5年毎にこれを更新しなければならない。認定の更新を申請する者は、細則に定める資格、要件を全てそなえていなければならない。

第14条

認定医認定の更新を申請する者は、細則に定める更新認定申請書類を認定医委員会に提出するとともに、細則に定める更新審査料を納付しなければならない。

第15条

認定医委員会は、毎年1回、認定医資格更新申請書に対して更新審査を行う。

第16条

認定医委員会は、審査の結果を理事長に報告する。

第17条

理事長は、認定医委員会の報告に基づき、理事会の議決を経て、更新審査の適格者の登録を更新し、認定証を交付する。

第18条

登録の更新により認定証の交付を受ける者は、細則に定める更新登録料を納付しなければならない。

第19条

海外留学、病気、出産・育児、介護その他認定医委員会が妥当と認める理由があれば、その間その個人につき本制度の適応は留保し、その期間は次回更新期間から差し引かれる。なお、留保期間中は認定医の資格を有するものとする。更新保留は、更新期日までに文書で認定医委員会に申請しなければならない。

第6章 資格の喪失

第20条

認定医は、以下の各項の理由により、その資格を喪失する。

  1. 認定医の資格を辞退した時
  2. 本学会会員の資格を喪失した時
  3. 認定医資格の認定を取得または更新から、5年以内に資格の更新を行わなかった時

第21条

認定医としてふさわしくない行為のあったときや、申請書類に虚偽の記載があることが判明した時は、認定医委員会および理事会の議決によって認定を取り消すことができる。

第7章 附則

第22条

この規則は2020年10月6日より施行する。

第23条

  1. この規則は、認定医委員会および理事会の議決を経なければ改正、もしくは廃止することができない。この規則を施行するため、別に細則を定める。